声劇用台本置き場

◆連載


カルチェラタン(完結)

廃百貨店・カルチェラタン。謎に包まれた〝貝の火〟を巡り、闘技者たちは人知れず、日々カルチェラタンで抗争をする。光を求めて闘い続ける、透明な子供たちの行く末は──。はじめてのバトルもの台本です。
少年キャラなど、性別いじって多少比率を変えて演じてもいいと思います。

 第一話 闘技者、旅人

 比率:♂2♀3

 時間:約20分

 第二話 最強の人形

 比率:♂3♀2

 時間:約20分

 第三話 苛烈なる使者

 比率:♂1♀3

 時間:約30分

 第四話 星屋の長い一日

 比率:♂1♀1

 時間:約25分

 第五話 決闘、地下闘技場

 比率:♂3♀3

 時間:約30分

 第六話 夢と現

 比率:♂2♀2

 時間:約20分

 第七話 仔兎と雲雀

 比率:♂0♀3

 時間:約20分

 第八話 強さの理由

 比率:♂4♀1

 時間:約20分

 第九話 放たれし獣

 比率:♂2♀3

 時間:約25分

 第十話 迷い猫は永遠に恋をする

 比率:♂0♀2

 時間:約20分

 第十一話 復讐の幽鬼

 比率:♂2♀2

 時間:約23分

 第十二話 忘却の聖者

 比率:♂2♀1

 時間:約20分

 第十三話 貝の火

 比率:♂2♀3

 時間:約20分

 第十四話 透明な少年

 比率:♂2♀2

 時間:約15分

 第十五話 誰がために鐘は鳴る

 比率:♂1♀2

 時間:約16分

 第十六話 傀儡の意志

 比率:♂3♀3

 時間:約30分

 第十七話 僕たちの罪と罰/エピローグ 愛してる

 比率:♂2♀2

 時間:約30分



スキエンティア(完結)

女神は微笑む。三つの掟を守りさえすれば──誰もが強烈な死の体験を抱えるスキマの国、スキエンティア。閉ざされた世界の秘密を解き明かすために足掻き続ける人々は、その先に何を見出すのか。
オズはあまり老人を意識しなくていいです。メグミは女性でも可。

 第一話 ようこそ、スキマの国へ

 比率:♂2♀1

 時間:約15分

 第二話 義足の少年

 比率:♂2♀1

 時間:約15分

 第三話 水車小屋の家族

 比率:♂2♀1

 時間:約12分

 第四話 ニールセンの古道具屋

 比率:♂3♀1

 時間:未計測

 第五話 フラッシュバック

 比率:♂2♀2

 時間:約16分

 第六話 二つの月が重なる日

 比率:♂3♀1

 時間:未計測

 第七話 小さなピクニック

 比率:♂1♀2

 時間:約13分

 第八話 呪縛

 比率:♂2♀1

 時間:約12分

 第九話 517番目の天使

 比率:♂2♀1

 時間:約15分

 第十話 是か非か

 比率:♂2♀1

 時間:未計測

 第十一話 オレンジのタルトと古いセロ

 比率:♂2♀1

 時間:約15分

 第十二話 小夜曲

 比率:♂1♀1

 時間:約15分

 エピローグ ワンダフル・ライフ

 比率:♂2♀2

 時間:未計測



◆単発

※ボイスドラマ用の書き下ろしを含むため、声劇では一部上演しづらいものがあります。



君が幸いの為の脱獄

詩子が通り魔に遭い、記憶を失った。彼女と彼女を取り巻く恋人や友人たち。四人はそれぞれ、怪物であり魔物であり獣であり天使でもある、不思議な少年とすれ違う。事件の真相、そして少年の正体とは?

Familiar Company M3 2015-秋 頒布CD用

比率:♂2♀2不問1

時間:約45分



月面歩行

怠惰な日々を送る一人の高校生は、病を患いつつも懸命に生きる少年と出会った。二人で見上げた流星群、語らったアポロ11号の夢、あの時にふれた儚げなのどの尖り。きみと過ごしたひととせを、僕たちは決して忘れない。

Familiar Company 2周年企画

比率:♂2♀2

時間:約60分



緋色の徒花

赤ずきん和風オマージュ。人喰いオオカミと村人の子供たちの、復讐と運命の物語。回る、回る、歯車は回る。その根を醜く腐食させ、ぐずぐずと花弁を散らすその時に向かって、まるで転がり落ちるように。

Familiar Company 2014年クリスマス企画

比率:♂2♀2不問1

時間:約45分




◆ボイスドラマ専用(声劇不可)

※比率や長文の多さから声劇では上演不可能と思われる企画用書き下ろしを、公開だけしています。



凌霄花

これは、私が少女時代を過ごしたつばめ荘がなくなってしまった今、私の心が還る唯一の場所──花のいたあの日々の、最後の夏の記憶です。一通の手紙が、時を越えて私たちをあの場所へと呼び戻す。

Familiar Company 3周年企画

時間:約40分



ふたご星変奏曲

ナナコとウメは、小学二年生のふたごの姉弟。ある初夏の午後、ナナコはウメに信じがたい告白をされる。──ぼくの前世はねこだったんだ。小さな奇跡と共に綴られる、いのちの輝きの物語。

Familiar Company 2015年クリスマス企画

時間:約90分




◆頂き物